大分県の古民家再生


refurbishment of old good houses
古民家再生

自然豊かな大分には、気候風土に合わせた多くの古民家が存在しています。
それらの古民家は地元大分の良質な木材が使われていることが多く、数百年の強度を誇ります。

アーススマートは、古民家の良質な木材や風合いを活かしつつ、痛んだ箇所の補修や現代の生活スタイルにあったリフォーム・リノベーションを施します。
文化的にも価値が高く、歴史と思い出が詰まった古民家を次世代へ継いでいきましょう。

私たちは、お客様との綿密な打ち合わせと目には見えない“住まいの声”を聴くことで、住まいの問題点を探ってゆきます。

これには、リノベーションや古民家再生に対する知識と経験が必要不可欠です。アーススマートは大分県内での豊富な経験と確かな技術で、ご相談から工事完了まで、全力でお客様をサポートします。

お客様から「ありがとう。」の声をいただくまで妥協しません。

古材とは、「昭和25年以前に建てられた民家に用いられていた木材」もしくは「築50年 以上の民家に用いられたいた木材」と定義されています。
古民家は明確な定義はありませんが、「昔の木材を使用した築50年以上の建物」が古民家と呼ばれる場合が多いようです。

昔の自然乾燥させた木材は数百年の強度があるといわれています。思い出のある大切な住まいの良い部分を残し、リノベーションによって住まいの機能と価値を高め次世代へ継いでゆく。それが「古民家再生」です。