ESスタジオ ガーデンプロジェクト #01

エクステリア

こんにちは!

先週にブログで当社のモデルハウス兼事務所のESスタジオの庭をリニューアルします!ということをお伝えしました。

ちょっとさみしいお庭…

今週からその庭ができるまでの過程・作業工程をお伝えしていこうと思います。

さて、この記事を読まれている方でお庭をお持ちの方、どうやって庭づくりされてますか?

どの位置に、何を植えて、どんな雰囲気にしたいという漠然としたイメージでされているのではないかなと思います。

私が以前までそうだったので…。

でもせっかくお庭を作るなら、家と同じように設計図を作るとイメージがより鮮明になってくるんです。

今回のESスタジオの庭にもまずは設計図を作りました。

最初に描いたのはラフスケッチ。

ざっくりでいいんです

まずはこんな感じで庭の広さを測り、どこに何を植えようかなとラフスケッチを描きました。

あくまで理想!・希望!なのでざっくり大まかにと描いてます。

テーマは「ドライガーデンのあるコンテナハウス」

コンテナハウスにはドライガーデンがとてもよく似合います。

でもなかなかお客様に実際に目にしていただくことができなかったので、

それならESスタジオの庭をドライガーデンにしちゃおうということになりました。

さて、ラフスケッチをもとにエクステリアのCADで平面図・イメージパースを作成します。

それがこちら↓

こうやって平面図に落とし込んだ設計図、イメージのパースがあるとわかりやすいし、

なんといっても出来上がりを思い浮かべながらワクワクした気持ちになりますよね♪

このできあがった平面図とパースをもとに、次回は植物の買い付けです。

その模様はまた来週!お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました